毛糸入れ

5月の初めに作っていたショールは、納得いかなかったので、一度ほどきました。

ほどいたときに、絡まないように外側にどんどん巻いていったので、編みなおす時に糸玉が転がって編みにくいことに…

なので、以前どこかで見たような感じの糸入れを、作ってみました~

ででん。

使ったものは、100円ショップのかご、家にあった鉛筆(棒状のものなら何でもいい)、ダブルクリップ です。

上から見ると、こんなかんじ…
糸玉の中心に鉛筆を指して、かごの穴にはめただけ。

クリップは、鉛筆が外れないように両側から止めているだけです。

クリップを、この向きでつけると、かごの形では干渉してしまって、回らなくなるのでだめなかんじです。

 

開いているところに、途中の編み物を入れて置ける……

 

今回は、家にあった鉛筆(未使用)を使いましたが、コンビニの丸いお箸とかでもよさそう~

あと、レース糸などの、中に芯が入っている糸とかも巻きなおさなくてもそのまま使えそうですね。

このやり方、何かで見た気がするのですが、なんだったか思い出せない……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です