円山写ん歩 Chapter.9.9

ちょっとお久しぶりになってしまいました。
すっかりと秋めいてきた十五夜ちょっと前の円山写ん歩です。
(2020年9月29日ののっきです)

十五夜か……
ススキを見つめるデナリお父さん~
風情がありますね。

隠れているつもり…

しっぽぴょーん。
なぜか尻尾と後ろのひれをぴょーんしていたちはるくん。

僕もう、何だってできるよ!
円山に来た当初は、え?君、ユキヒョウだよね?? みたいな動きをしていたコハクくんですが、だいぶユキヒョウっぽくなってきました。
この冬を超えたら、真のユキヒョウになるのかもー?
(雪の上を避けてゴロゴロしないで、雪の上でごろごろしていいんだよ?)

えへっ。
シジムにゃんは、涼しくなってきてご機嫌だったようです。

い”-
アイちゃんとシジムちゃんの、い”-。

ぴょーん!!
ご機嫌しじむちゃんによる、ぴょーん集。

ごろんごろーん。
残念ながら、プールは入りませんでしたが、おうちの中でのゴロゴロは数回していたアイちゃん。
過ごしやすくなってきていいですね~。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください